むくみが気になる際の対処の仕方

むくみが気になる際の対処の仕方

むくみというのは、からだの水分が過剰にたまっている状態です。そのため、むくみが気になる際には、まずは、余分な水分を排出することから考えるといいでしょう。過剰な水分を排出するためには、普段の食事を工夫するといいです。たとえば、食品に含まれているカリウムは、水分の排出に役立ちます。そして、このカリウムというものは、野菜や果物に多く含まれます。むくみが気になったら、野菜や果物を意識して食べるようにするといいでしょう。そうすれば、余分な水分を排出することができるのです。

 

また、利尿効果を期待できる飲み物も、むくみの解消には役立ちます。普通の緑茶やコーヒーにも利尿効果はあります。しかし、利尿効果があることをうたっているようなお茶もあります。むくみが気になるときには、こういったお茶を飲むようにするといいでしょう。そして、そのようなお茶を飲むことにより、過剰な水分を排出することができるのです。

 

ただ、むくみというものは、1日中立ちっぱなしとかいった状態から引き起こされることもあります。仕事がら、こういった状態にある人は、少しでも、足を休ませることを考えるといいでしょう。特に、夕方になると、足がパンパンになるという人は、普段の足の状態を見直すといいです。

 

さて、むくみというものも、あまりにひどい場合には、からだの病気が隠れていることもあります。たとえば、腎臓が悪いとか、心臓が悪いとかいった場合には、むくみが起きます。そして、この場合には、かなりひどいむくみとなります。

 

このような病気が関係している時には、もちろん、医師の診察を受けたほうがいいです。あまりにもむくみがひどいとか、食事や生活を見直しても改善しないとかいった場合には、医師の診察を受けることをお勧めします。そして、からだの病気が原因であった場合には、その治療に専念することが必要になります。

 

あまり多くはありませんが、むくみの原因に病気が関わっていることもあるのです。そういったことも知っておくといいでしょう。

 

むくみ知識TOP