むくみに悩む女性へ

足のむくみは重力の法則で女性が多い

むくみが起きやすいところは、足の脚部です。それは、重力の影響で、どうしても足に血液が溜まりやすいという問題に由来しています。職業的には、持続的に立っている仕事の人、座りっぱなしの人が多くなります。店員さんや美容師さん、あるいは、調理師さんや看護師さんなどが該当します。また、長時間座りっぱなしの事務仕事の人も、足のむくみを訴えます。なかでも、足のむくみに悩むのは圧倒的に女性が多いと言われます。

 

それは、女性の方が、男性に比べると、筋肉が少なく、皮膚が柔らかいということがあげられます。ということは、皮下組織の圧力も低いですから、静脈を心臓に戻すポンプの役割を果たす力がないという事になります。さらに、女性には、生理もありますし、妊娠という仕事もあります。生理の時には、女性ホルモンの影響で血管が広がってしまうため、身体は水分を溜め込もうとして、そのためにむくみやすくなるのです。

 

また、妊娠時にむくむのは、これも女性ホルモンの影響で、ナトリウムや水分を身体の中に溜まりやすくなるためです。また、胎児の成長と共に、胎児の重さが足の静脈を圧迫しますから、余計、足の血液が心臓に戻りにくくなります。これが、妊婦がむくみを起こす原因です。つまり、女性は、筋肉量の差やホルモンの影響などで、どうしても、足のむくみが出やすくなるという特徴を持っています。

 

この根本原因は、長時間同じ姿勢をしているということ、また、運動不足ということにあります。つまり、様々な原因があるにしろ、循環すべき静脈の血液が、足に停滞して心臓に戻りにくくなってしまっているためにむくむという現象が生ずるのです。足を動かさないでいると、血液を心臓に戻す筋肉のポンプ役としての役割が果たせません。結果、足に血液が溜まりむくみという現象が起こってしまうわけなのです。

 

対処法としては、意識的に可能な限り歩いたり、運動をするようにしたらいいのですが、高齢者や女性、痩せた筋肉の弱い人が運動をしたとしても、むくみ解消効果は低くなります。また、過度なダイエットなどでも、筋肉が衰えるので、筋肉のポンプ機能が弱くなり、足の血液が心臓へ戻りにくくなりますから、注意が必要です。こういう人達は、その場で、小まめに足を動かす動作をしたり、ふくらはぎをマッサージして、停滞している血液を心臓に戻すようにしてあげましょう。

 

おすすめ→むくみのためのサプリメント

浮腫みのせいで3kg増加!?憎い生理前の浮腫み対策

女性の方なら誰しも生理前に嫌な症状、所謂PMSに悩んだことが少なからずあるかと思います。わたしもその中の1人です。特に毎回悩ませていたのが脚のひどい浮腫み。

 

もともとオフィスワークなので、夕方になるとふくらはぎが+2cm!なんてことも日常茶飯事ですが、生理前はそれに拍車をかけて足全体がパンパンになります。もともとそんなにない太ももの隙間も更になくなります。

 

旦那様からも「最近太ったんじゃない?」なんて言われるのもほぼ生理前です。恐る恐る体重計に乗ってみると、なんと3kgも増加していることもありました。生理が終わると無事に戻るのでそこまで心配は要りませんが、せっかくの

 

大切なデートの約束の日に、生理前のパンパンな状態で行くなんて悲しすぎます。脚を思い切り出せないので、おしゃれの幅も狭まります。女性って本当に大変ですよね…。

 

そんなわたしがいろいろ試した結果、生理前の頑固な浮腫みに効果的だった方法が2つあります。

 

1つ目は、コップ1杯分の白湯を毎朝飲むこと。
白湯ダイエットという言葉が流行りましたが、白湯で痩せるというよりは、老廃物や余分な水分を排出してくれる効果がある為、浮腫みに効果絶大です。やかんで沸かしたお湯を15分程度冷ましてから飲むだけで、とっても簡単です。わたしは面倒臭がりなので、ウォーターサーバーのお湯を少し冷まして飲んでました。朝飲むと日中のトイレの回数が増えます。

 

2つ目は、生理予定日の一週間前から豆乳を飲むこと。
実はこの方法は当初は浮腫み対策としてではなく、生理通改善のために取り入れた方法でした。コンビニやスーパーなどで購入できる手ごろな豆乳飲料を、200ml程度毎日好きな時間に飲むだけです。豆乳を取り入れた月とそうでない月とでは、生理中の体重増加に大きな違いがありました。(=いつもよりも浮腫みも気になりません!)

 

更に生理が終わった後、むしろ体重が減るようになり一石二鳥、三鳥です。注意点としては生理が始まった日にはピタっと豆乳は止めること。生理中には大豆イソフラボンはあまり好ましくないようです。

 

如何でしょう?これらの方法ならとっても簡単ですよね!試す価値ありです。憎い浮腫みを一緒に乗り越えましょう!